はつけんラボ(研究所)

はつけんニュース

  • はつけんラボの最新情報やニュースをお届けします。

2020.09.24

WEB公開講座「これからの発達障がい支援を考える2」(第1回)を再公開します

  • 2020年7月~8月に開講させていただいたWEB公開講座「これからの発達障がい支援を考える2」(https://hatsuken.or.jp/information/detail/8017/)が、動画でいつでも視聴できるようになりました。

    10月1日(木)からは、第1回「遠隔支援を含むネット時代の新しい発達支援のあり方」を再公開します。

    *本年7月26日(日)~8月1日に公開したものです。

    【講座の内容】
    前半では、2020年5月に実施した「遠隔支援についてのアンケート」の調査結果について解説します。後半では、コロナ状況下に限らない、ネット時代、バーチャル・リアリティ時代における今後の新しい発達支援のあり方についてお話します。

    講師:山本登志哉(発達支援研究所所長)・渡辺忠温(発達支援研究所主席研究員)

    *プレ講座として、無料オンライン公開講座「これからの遠隔支援~ネットでつながる支援の形~」も公開しています。無料でどなたでも視聴可能ですので、合わせてご視聴ください。

    *10月以降、毎月1日~月末までが視聴可能期間になります。毎月20日以降に申し込まれた方には、翌月の視聴用パスワードをお送りします。

    【申込・視聴方法】
    ①WEB申込フォーム(https://ws.formzu.net/fgen/S1005333/)で必要な情報をご入力ください。
    ②下記受講費用をお支払いください(銀行への振り込み、PayPalでの支払いが可能です)
    *はつけんラボアドバンスド・ベーシック会員の方はお支払いの必要はありません。
    ③お申込みいただき、研究所側で受講費用のお支払いが確認できた時点で(お申し込み後、1営業日程度いただきます)、
    毎月1日~月末までの1ヵ月間有効な視聴用URLとパスワードをメールでお知らせいたします。URLにアクセスし、
    パスワードでログインしてご視聴ください。

    *10月15日以降に公開される第2回の公開講座(下にある公開予定をご参照ください)と
    合わせてお申込みいただくことも可能です。
    (例)第1回・第2回の視聴を希望される場合…申込フォームで第1回・第2回の申込をいただいたうえで、
    一般の方であれば3300円×2回分=6600円、メルマガ会員の方は2200円×2回分=4400円をお支払いください。

    【受講費用】*全て税込みの金額です

    会員種別 一般の方(非会員) アドバンスド会員※ ベーシック会員※ 無料メルマガ会員※
    受講料1回 3300円 無料 無料 2200円
    受講料全2回 6600 無料 無料 4400円

    ※1ヵ月単位でお申込みください。受講費用は全て受講料1回・視聴期間1か月分の料金です。
    ※各種会員のお申し込みは ⇒ こちら(https://hatsuken.or.jp/member/registration/)から

    【振込先・PayPalでのお支払い】
    —————————————————————-
    【銀行名】 三菱UFJ銀行(銀行番号 0005)
    【支店名】 浜松支店(支店番号 563)
    【口座番号】普通預金 0413929
    【口座名義】一般財団法人 発達支援研究所
    —————————————————————-
    ※振込み時の手数料をご負担頂きますようお願いいたします。
    ※振込の控えをもって領収書とさせていただきます。

    <PayPalでお支払いの場合>
    WEB申込フォームhttps://ws.formzu.net/fgen/S1005333/)に必要な情報をご入力いただいたうえで、「内容確認画面」で、最下部にある「PayPalお支払い」を押していただくと、PayPalでのお支払いが可能です。

    【講座の再公開開始予定】(2回の講座を順次公開開始します)

    ■ 第1回 10月1日(木)0時から公開開始 *毎月1日~月末までが視聴可能期間です。
    「遠隔支援を含むネット時代の新しい発達支援のあり方」
    山本登志哉(発達支援研究所所長)
    渡辺忠温(発達支援研究所主席研究員)

    ■ 第2回 10月15日(木)0時から公開開始(予定) *毎月15日~翌月14日までが視聴可能期間です。
    「当事者が語る発達支援:当事者の視点から考えるこれからの支援のあり方」
    *当事者として発達支援・療育に取り組んでいらっしゃる方々にご参加いただき、お話をうかがいます。

RSS