はつけんラボ(研究所)

所長ブログ

  • 所長ブログでは、発達障がいをできるだけ日常の体験に近いところからあまり専門用語を使わないで改めて考え直す、というスタンスで、いろんな角度から考えてみたいと思います。「障がいという条件を抱えて周囲の人々と共に生きる」とはどういうことか、その視点から見て「支援」とは何なのかをじっくり考えてみたいと思います。

  • 2020.08.05

    発達障がい者は本当に困っている?

    今実施中のWEB公開講座「これからの発達障がい支援を考える2」第二回「当事者が語る発達支援:当事者の視点から考えるこれからの支援のあり方」(※)では、4名のアスペルガー&ADHD当事者の方にインタビュ...

  • 2020.08.01

    総目次

    2019.08.15 はじめまして。所長の山本です。 2019.08.16 「可愛い!」 2019.08.17 障がい観の「発達」 2019.08.17 世間の目とのはざまで揺れること 2019.08...

  • 2020.07.29

    つながりの質と豊かさ

     先日、子ども学関係の研究や実践に携わっている方たちの会議があり、現在のパンデミック状況の中での子どものwell being(※)をどう確保していくのか、といったことが議論の中心でした。  全体を通し...

  • 2020.07.24

    SSTで応用力が育たないことがあるのはなぜ?

    SSTで問題とされていることの一つに、課題として設定された場面では「正解」を言えるのに、実際の場面ではうまくいかない、ということがしばしば言われています。なぜでしょうか?そしてどうすればいいのでしょう...

  • 2020.07.05

    二つのバーチャル世界

    このところ、遠隔支援の意味を考えるために、VRやARなど、ネットを使ったバーチャルな世界について少しずつ現状を見ているのですが、バーチャルな世界というものの進展の仕方を考えるときに、リアルな世界との...

  • 2020.07.04

    不注意と集中力:短所と長所の話

    ADHDでは「注意欠陥多動性」という名がついているように「不注意」という傾向の強さが問題になります。 落語でもよく「おっちょこちょい」の人が愛すべき人物として登場して話を進めますが、今でいえばADHD...

RSS