はつけん書店

【特集記事を読んで】「自分らしく生きる」
エッセイで思う「くらし」―天井のシミ、仙台四郎、稀勢の里を通じて―

  • 引地 達也(ひきち たつや) 私が持っている「自分」はひとつのはずなのですが、社会に出るといくつかの自分がいることに気づきます。ひとりの市民である自分、支援者の自分、研究者の自分-。それは立場や役割、...
タグ
RSS