はつけんラボ(研究所)

所長ブログ

  • 所長ブログでは、発達障がいをできるだけ日常の体験に近いところからあまり専門用語を使わないで改めて考え直す、というスタンスで、いろんな角度から考えてみたいと思います。「障がいという条件を抱えて周囲の人々と共に生きる」とはどういうことか、その視点から見て「支援」とは何なのかをじっくり考えてみたいと思います。

2021.03.04

逆SST(SST-R)の動画、つくっちゃいました。

SSTで発達障がい児・者が定型世界に適応する努力をするだけではなく、定型も発達障がい者の世界に少しでも近づいていこう。

 

「当事者の視点を踏まえた支援」を大事にしようとしている研究所の新しい試みがこの「逆SST(SST-R: Social Skill Training – Reversed)」です。「当事者の感じ方、考え方をみんなで学ぶために、どんなイベントがいいかな」ということを所内で議論しているうちに、渡辺主席研究員がしばらく黙り込んでいて、「こういうのどうだろう?」と提案してくれたのがこの「逆SST」なのでした。

 

アイディアを聞いてすぐに「それは面白そう!」ということになり、3月21日(日)10時から1時間半、第一回をzoomウェビナーやyoutubeストリーミングを使って無料で行うことになりました(お申し込みはこちらからこちらには案内とやり方の概要が)。

 

発達障がいの問題に取り組んでいる知り合いの大学の先生や、出版社の方のほか、異文化交流の問題に取り組まれている行政関係の方などにちょっとお知らせしてみましたが、関心をもって周囲に広げたいと言って下さったり、幸い出だしは好調なようです。こんな形で「当事者との相互理解」への道が少しずつでも広がっていくととてもうれしいですね。

 

ということで、逆SSTについての簡単な紹介動画を作ってみました。7分弱の短いものですが、こちらもよろしければご覧ください。

RSS

コメント欄(コメントは団体会員と個人会員Aの方が可能)

投稿はありません