はつけんラボ(研究所)

所長ブログ

  • 所長ブログでは、発達障がいをできるだけ日常の体験に近いところからあまり専門用語を使わないで改めて考え直す、というスタンスで、いろんな角度から考えてみたいと思います。「障がいという条件を抱えて周囲の人々と共に生きる」とはどういうことか、その視点から見て「支援」とは何なのかをじっくり考えてみたいと思います。

  • 2020.03.23

    新型コロナウィルスのこと

    発達障がいの問題そのものというより、今後の世の中の動きについてちょっと思うことから始めます。 ビートたけしがテレビで「50年後から振り返ると、今が世界の大転換の始まりだったということになる気がする」と...

  • 2020.03.04

    大震災と障がい児の生きる力

    今新型コロナウィルス対策で、子どもたちに厳しい状況が生まれてきています。当然その環境は障がい児にとっては一層厳しいものになる面もあります。けれどもここではもうひとつの面について考えてみたいと思います。...

  • 2019.08.23

    自閉的な「無視」と定型的な「無視」の意味の違い

     初めて自閉的な子、特に知的な発達の遅れを伴うカナータイプの自閉の子に接した方は、大変に戸惑われた経験をお持ちだろうと思います。    たとえば積み木を一列に並べてずっと遊んでいるけれども、そこに全然...

  • 2019.08.17

    世間の目とのはざまで揺れること

        前のブログ、<障がい観の「発達」>に早速横山草介さんからとても刺激的な意見をいただきました。   横山さんは現在東京都市大学人間科学部児童学科で幼稚園の先生の卵を教えながら、ご研究としてはブル...

RSS