はつけんラボ(研究所)

所長ブログ

  • 所長ブログでは、発達障がいをできるだけ日常の体験に近いところからあまり専門用語を使わないで改めて考え直す、というスタンスで、いろんな角度から考えてみたいと思います。「障がいという条件を抱えて周囲の人々と共に生きる」とはどういうことか、その視点から見て「支援」とは何なのかをじっくり考えてみたいと思います。

  • 2019.11.09

    療育支援と「非認知力」

    発達障がい児への療育支援が果たすべき一番基本的な仕事は、発達障がいの特性の結果陥る二次障がいを防ぐことで、そのためには子どもの自己肯定感を育てることが重要で、そのためには子どもの良いところを見つけ、し...

  • 2019.10.19

    R君の積み木(5)「人への関心」とその表現

        「R君の積み木」シリーズの第五回目ですが、コミュニケーションの発達を考える上で、かなり興味深い展開が見られたので、その意味を考えるために、最初に少し問題点の整理から入って、そのあとそのエピソー...

  • 2019.09.26

    じっと座っていられない

        ADHD傾向の子どもでよく問題になることに、教室でじっと座っていられない、という話があります。   就学前の子どもたちの療育支援でも、保護者の方からちゃんと椅子に座って授業が受けられるようにし...

  • 2019.09.06

    遊びか訓練か(2)

        「遊びか訓練か(1)」では、幼児の段階では遊びが主となり、その中に実質的に訓練の意味が入り込んでいる、ということを書きました。     ではその後、小学校に入る段階ではどうでしょうか...

RSS